引越し見積もり[リタウン]

リサイクルショップの検索 引越し見積もり リサイクル[リタウン]
リサイクルショップ 家具家電買取[リタウン]
リサイクルショップ 家具家電買取
トップページ
リサイクルショップ 家具家電買取
リサイクルショップ 家具家電買取
サイト利用方法 サイト利用方法
リサイクルショップ 家具家電買取
買取一括依頼 買取一括依頼
リサイクルショップ 家具家電買取
おすすめリサイクル店 おすすめリサイクル店
東京都のリサイクルショップ 東京都のショップ
神奈川県のリサイクルショップ 神奈川県のショップ
東北地区のリサイクルショップ 千葉県のショップ
埼玉県のリサイクルショップ 埼玉県のショップ
愛知県のリサイクルショップ 愛知県のショップ
京都府のリサイクルショップ 京都府のショップ
大阪府のリサイクルショップ 大阪府のショップ
兵庫県のリサイクルショップ 兵庫県のショップ
札幌市のリサイクルショップ 札幌市のショップ
福岡県のリサイクルショップ 福岡県のショップ
全国対応のリサイクルショップ 全国対応のショップ
リサイクルショップ 家具家電買取
リサイクルショップ 家具家電買取
商品ジャンル別買取
商品ジャンル別買取 商品ジャンル別買取
リサイクルショップ 家具家電買取
家電の買取 家電の買取
家具インテリアの買取 家具インテリアの買取
デザイナーズ家具の買取 デザイナーズ家具 買取
カッシーナ 買取 カッシーナ 買取
デザイナーズ家具の買取 アルフレックス 買取
オフィス家具の買取 オフィス家具の買取
厨房機器の買取 厨房機器の買取
骨董品の買取 骨董品の買取
絵画の買取 絵画の買取
着物・和装小物の買取 着物の買取
クリスタル・陶磁器の買取 クリスタル・陶磁器買取
ブランド品の買取 ブランド品の買取
おもちゃ・ホビーの買取 おもちゃ・ホビーの買取
ピアノの買取 ピアノの買取
時計の買取 時計の買取
ロレックスの買取 ロレックスの買取
電動・機械工具の買取 電動・機械工具の買取
リサイクルショップ 家具家電買取
リサイクルショップ 家具家電買取
リサイクルショップ 家具家電買取
リサイクルショップ 家具家電買取
リサイクルショップ 買取ドットコム
リサイクルショップ 家具家電買取
リサイクルショップ 家具家電買取
リサイクルショップ 家具家電買取 リサイクルショップ 家具家電買取
商品ジャンル別買取 提携コンテンツ
リサイクルショップ 家具家電買取
引越し見積もり 引越し見積もり
バイク買取 バイク買取
中古車買取 中古車買取
厨房機器買取 厨房機器買取
金・プラチナの買取 金 買取
リサイクルショップ 家具家電買取 リサイクルショップ 家具家電買取
当社は、財団法人日本情報処理開発協会(JIPDEC)より、「プライバシーマーク」の認定を受けています。当社は、財団法人日本情報処理開発協会(JIPDEC)より、「プライバシーマーク」の認定を受けています。
リサイクルショップ 家具家電買取
リサイクルショップ 家具家電買取 引越しTOP 使い方 お掃除アドバイス 荷造りアドバイス お引越し節約術 引越しチェックリスト
リサイクルショップ 家具家電買取
リサイクルショップ 家具家電買取
荷造りアドバイス
覚えておくと便利な荷造りの基本ポイントをご紹介します。
■段ボールの組み立て方
1. 底のフタの短い方を両方とも真ん中に向けて折ります。
2. 長い辺を両方折り込みます。
3. 長い辺同士に合わせテープを貼り、テープの両端が10〜15cm側面にはみ出るようにします。
4. 3で貼ったテープと直角に交わるようにダンボール中央部にテープを貼り、こちらも両端が側面にはみ出る長さで貼ります。
これ以上テープを貼る必要はありません。
特に角に貼ってしまうと荷物を運ぶとき手が滑って危険です。
■電化製品の梱包方法
冷蔵庫:
電源を移動の6時間以上前に必ず抜いておいてください。(冷蔵庫内についた霜を取っておくためです。 直前に電源を抜きますとトラックの中で霜が溶け他の荷物が濡れてしまうことがあります。)
背面や底部に設置されている
水受け皿の水もチェック!
電子レンジ:
内部の耐熱皿は必ず抜いて新聞紙などに包み、荷造りしてください。
洗濯機:
洗濯漕の外側(見えない部分)にも水が入っておりそのままだと大変重いため、電源が入った状態で排水操作をしておいてください。
テレビ、オーディオ類:
抜いたコンセントは束ねておいてください。
コンセントを抜いた時に、ケーブルとコンセントの差込口に番号をふっておくと、新居で設置をする際に便利です。
ヒーター、ストーブ:
容器の中や底に灯油を入れたままにしておくと、移動中こぼれてしまいます。必ずポリタンクにポンプで移してください。また業者は灯油類を引越し荷物として扱うことが出来ないため、ご自身で運ぶか、ご近所の方にお分けすると良いです。
エアコン:
賃貸物件で備え付けエアコンのリモコンがあったら、忘れずに確認して置いていって下さい。うっかり新居に運んでしまうと、敷金から実費で引かれていたりします。思いのほか高いので、是非ご注意を。
■食器類の梱包方法
食器は新聞紙か専用の紙で1枚1枚丁寧に包んで下さい。包んだあとのお皿は縦にダンボールに詰めます。
■衣類の梱包方法
引き出しの中身はケースに移し、ケースに引き出し中身や、新居についた時に運ぶ部屋の名前などを書いておくと便利です。
和服:シワにならないように、専用の箱に移し替えてください。お小物もできるだけ同じ箱、場所に入れます。
■書籍の梱包方法
書籍は、ダンボールに半分程度詰め、その上に軽いものを入れて下さい。一杯に詰めてしまうと重さで箱の底が抜けてしまいます。
■その他の注意点
梱包の際に、紐のみで縛ったり、袋詰め、ダンボールの底の組み込みは危険なので行わないようにして下さい。
ダンボールの上面や側面に中身の簡単な説明・新居についた時に運ぶ部屋を書いておくと便利です。

現金、有価証券、小切手、通帳、印鑑、キャッシュカード、貴重品、骨董品、危険物(灯油、油)は引越しの荷物として運べません。


▲引越し見積もりTOPへ戻る




 
[リタウン]街並み
会社案内  カスタマーサポート  プライバシーポリシー  個人情報の取扱いについて  


エージェント